読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職どこにしようかな?って迷っている人へ

 

※この記事は夏のインターンシップのこと等も記載してるので、これから就職活動始める方、あらさやかより年下の方向けです。

 

 

就職活動始まる前々からちゃんとリサーチして練ってる人、ギリギリになってどうしよ〜って焦る人、色々居ると思うけど結局内定もらえる人はぽんぽこ貰えるし貰えない人はなかなか貰えないんだよね…

まず面接とかのやり方より何よりも先に(どこに面接に行こう…?どういうところに就職しよう…?どこにわたしは就職したいの…?私は誰…?)って迷ってる人が居ると思うんだけど、そんな人に読んでいただけたらなと思って書いています。

 

あ、でも先に言っておくけど、これは就職セミナーとやらに1度も行かなかった完全あらさやかの独断と偏見のやり方だからちゃんと就職セミナーに行ってる子たちはそっちを参考にした方いいよ。

しかも、これは完全に内定をさっさと早く決めたい人用です。

就職活動は早く終わったからって良いわけじゃないと思うんでね、うん。

バイトと違って自分が一生働くかもしれない場所だから早く決めたら偉いとかそんなことは絶対ないし良いわけはないんだよ。

じっくり会社をきちんと見て決めたい人は、じっくりじっくりゆっくり時間をかけて決めてくださいね。

 

 

早速本題ですが、じっくり決めたい人も早く内定ほしい人も私が思うに取り敢えずは早く始めたほうが良いと思います。

みんなが始めてから始めちゃ遅いぞ!

 

何故かと言う理由をいまから述べていきますね。毎年就職活動開始月は変わるみたいだけどまぁ基本3月からとか?なのかな?

お国は3月から始めてくださーいって言ってるけど、実際企業側は良い子達を自分の物にしておきたいから3月になる前に囲い込みがどんどん始まるんです!

本当に決まるのが早い人は1月とかにはもう面接始まって2月には内々定まで決まってる子もいるわけです。

よって、のんびり3月から始めたんじゃ行きたい企業の席半分くらいは埋まってると思った方がいいよね。

だから早く行きたい企業を決めて目星つけておいた方がいいと思います!

 

まずその就職先の見つけ方だけど、私は取り敢えずリクナビマイナビに登録しました。

リクナビマイナビは面接の応募とかもボタンひとつで出来るから学校からも言われるし登録しない人はいないと思うけど、まぁ絶対した方が楽だと思いますね。

でも、リクナビマイナビに登録されてない素敵な企業もこの世には沢山ある訳なので、先輩のツテを使うも良し!ネットで企業のホームページを漁るも良し!でもそういう人はやりたいことがある程度決まってる人だからこんな記事読んでないか。まぁ、そういう人はそのまま突っ走って頑張ってください。元気と笑顔と話のうまさがあればきっと大丈夫です!ファイティン!

この記事は、ツテがあんまない人やネットに疎い人ややりたいことが分からない人のために書いていますので、是非リクナビマイナビに頼ろうって話です!

 

では登録をしたらですね、まず企業を選ぶ前に

"" 企業に求めること ""

ランク付けした方がいいと思います。

 

私の場合は

①位→会社の雰囲気・人間関係

②位→お給料

③位→福利厚生

 

の順番だったのでリクナビマイナビの文面だけじゃ雰囲気・人柄分からなすぎるし、取り敢えずインターンに行かねばって感じでしたね。

※勿論この3つだけじゃなく他にも"通勤のしやすさ"とか"キャリアアップについて"とかの選択肢があってもok

 

ランク付けが終わったら検索機能を使ってまずは広く検索始めます。

例:営業・接客・販売

 

で、例でいうとなんの営業・接客・販売がしたいのかな?って見て行って今度はどんどん狭めて調べて行きます。

例:建築・インテリア・服飾の営業・接客・販売

 

でもあらさやか頭悪いし活字読めないから企業の説明ってあまりにもやんわりすぎたり変に良いこと言おうとして「え?結局何してる会社か分かんねーよ!」ってところが多すぎて死んだので、私は会社の説明は流し読みしてインターンの内容をチェックしてました。

 

インターンの内容はさすがに分かりやすく書いてあるし(あ、こんな仕事が体験できるのだな?)とか想像しやすいって感じました!

 

ていうか本当にインターンは沢山行った方が良いと思う。

(言うてあらさやかは1個しかインターン行ってません、土下座。理由がちゃんとあるんだけどあらさやかの就職活動についてはまた違う記事で詳しくお話しします。)

 

話戻って、何故インターンに沢山行った方がいいかって言うと、大きく理由が4つあります。

 

①1dayでも1weekでも働いてみることで企業の雰囲気が分かる上に、社員との直接的触れ合いでどんな人が働いてるのか分かること。

 

②企業にもよるけど、インターンは企業説明会とかより質問タイムが沢山設けられることが多いので疑問に思ってることが沢山質問できること。

 

③面接前に自分をアピールすることができて覚えて貰える確率が上がること。

 

インターン内々定だったりインターン特別面接等を設けてもらえる可能性があること。

 

の4つかな〜。

 

やっぱリクナビマイナビで文字だけ見ててもその会社の雰囲気は分からないわけでどんな人が働いてるかも分からないしインターン行かずにいきなり面接行って(え…思ってたのと違う…)ってなったらせっかく練習してきた面接の受け答えも絶対うまく行かないよね。何社も受ければ良きってもんじゃ無くなってくるわけです。

あと、読むだけだったり人から聞くことってなんでも信じて良い訳じゃなくて、百聞は一見にしかず?っていうように、インターンにちゃんと行って会社の雰囲気とか働いてる人の人柄を自分が身体で味わって初めてこの会社で働きたいとか思えるのではないのかと思うのです。

しかもこれはダメすぎる理由だけれども、文だけじゃよく分かんないから取り敢えず行ってみっかーって行ってみてイケメン居たら「あっ、ここで働こう〜♪」ってなるじゃん、ならないか。

 

あと、殆どの企業は質問時間が企業説明会とかより多く設けてあるから質問は沢山考えていったほうが良いと思いました。

コレは③にも関係してくるけど質問を沢山することで失礼な態度さえ取らなければ人事の方に覚えてもらえるチャンスも増える!

既にそこで覚えてもらえばインターンに来なくて面接からいきなり来た書類選考の人よりも一歩リードできるわけです!

インターンで覚えてもらうと(あ、◯◯さんってインターンに毎回来てくれて質問を沢山してくれた意欲のある子だな)って思ってもらえます。

 

それより先にインターンでやった仕事ぶりが良かったりインターンで気に入られればその場で内々定まで決まる人もいるし、インターンに来てくれた方達のみ特別選考会やりますって面接を早めに受けれたりもします。(実際あらさやかがそうでした。)

 

こんな感じでインターン行けば良きことたくさーん!!

インターンに沢山行けば行くほど他の企業さんとも比べることができるし本当に行きたい企業が自ずと決まってくると思うから自分がどこに就職したいか分かんないって子はインターンに沢山行ってみるといいと思います!

 

職場体験みたいな感じだからそんな難しい仕事はさせられない!

知らない人と話をしないといけないからコミュニケーション能力はつく!

最終的にプレゼンするところが多いと思うからプレゼンテーション能力もつく!

緊張もするけど自分の力には絶対なると思います。

 

どうでしょう?インターン行ってみたくなった?

 

インターンは大学3年生の夏休みとかから冬休みまでやってるから長期休暇を使ってでも、授業を休む口実にしてもいいから是非行ってほしいなあ

※分かってくれる先生なら欠席理由をインターンにすると出席扱いにしてくれるよ、ふふ

 

インターンとは別に3/1.2とかにある合同説明会だけど、企業に覚えてもらう意欲がなくて取り敢えずみんな行ってるから行っておくかぁーくらいの気持ちでただただ話聞きに行くだけならいかない方いいと思う………時間の無駄だと思う…………

どうせ時間かけて行くならボーッと座って話聞いてるだけじゃなくて自分アピールしまくって企業の人に質問したりしながら自分のこと覚えてもらおう!せっかくだから!

なんだかんだ、あらさやかは合同説明会行ってないですけど!

 

まぁまだ入りたい企業決まってない人は沢山企業に訪ねて自分で会社を見極めて素敵な社会人生活を送ってくださいね~~~!!